スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ソウルキャリバーIV』 購入



買ってきました!待望の『ソウルキャリバーIV(以下SC4)』。私は近所のTSUTAYAで予約注文してたのですが、棚のほうを見ると全部売り切れになってたので結構な人気ぶりのようです。アーケードスティックのみならずソフトのほうでも難民が出てるかもしれませんね。というわけで早速プレイ・・・して色々遊びたかったのですが急な用事が重なりあまりまだプレイできていません、orz。まぁ今回はさわり部分だけという感じで・・・。



キャラ選択画面。かなり多いですねぇ~。(後で撮ったスクショなので使用キャラが増えてますが各種ゲームモードをクリアしてお金を稼ぐことでロック解除していける仕組みになっています。)しかも使用キャラはこれだけでなく「キャラクタークリエイション」モードで外見やスキルを自由にカスタマイズして好きなキャラを作成できるというのが本作の最大のウリ。キャラクリに関してはまだ触ってないので後日取り上げるとしてとりあえず今回はSTORYモードからやってみることにしました。



グラフィックは相当頑張っています。格闘技ゲームでここまでアップにも耐えうるのはあまり多くはないんじゃないでしょうか。グラフィックがというよりモデリングがというべきか、ともかく次世代機で出てる格ゲーの中でもトップクラスの出来かと思われます。ちなみにこのSC4の内部解像度は1365x960ということなのでHDMIで出力すればXbox360の内部アプコン機能によって更に綺麗に表示されることでしょう。私も後で比較してみたいと思います。



とりあえず女性キャラを一通り堪能するところから始めますよね?当然ですよね。とはいえ実は私はSCシリーズはDCで出たSC1しかやったことないので技とかあまりわからなかったりします。SC1の前に出てた「ソウルエッジ」はかなりハマってやり込んでた記憶がありますがもうその頃の面影ってあまりないような気がしますらね。



タキのムチムチ度が更にパワーアップしててヤバイですね。今まで遊んでた『DOA4』はコンボとか多くて技の出も速かったのでかなりスピーディーな展開のゲームでしたがこのSC4はそこまでテンポが速いゲームじゃないので落ち着いてプレイできますね。難易度NormalだとCPUもかなり弱くて初心者にも優しい作りになってると思います。



アーケードスティックでプレイしてますがSC4は難しいコマンドがない代わりに同時押し技が結構多いのでこのゲームにおいてもやはりスティックのほうがやり易いと思います。スティック買ってよかったなぁと実感してます。あ、ちなみにDOA4のように自動でアーケードスティックのボタン配列を認識してくれはしなかったので予めコンフィグでボタン設定する必要があります。「ソウルキャリバーIV対応スティック」の"対応"ってどういう意味だったんでしょう(笑。



このカサンドラというキャラは前作をやってないので知らないキャラなのですがどうやらストーリーを進めるとソフィーティアの妹だというのがわかりました。どおりで似てる。お姉さんよりちょっと勝気な性格のようですが。STORYモードのEDは各キャラごとにリアルタイムのカットシーンが用意されているようです。ひょっとしてキャラ選択画面に出てる28人(+α?)分あるのでしょうか。だとしたら凄いですね。



お姉さんのソフィーティア。美しいです。聖女とはまさにこのことでしょうか。SC4のキャラは一部欧米向けにケバくなった顔もあるのですがソフィーティアに関しては今作のはシリーズ最高の造形美ではないでしょうか。しかし思わずポロリしそうな衣装であやういのでソウルクラッシュ(防具破損)には気をつけないといけませんね(笑。



パンチラしまくりのソフィーティアさん。色んなところに目がいって戦いに集中できません!けしからんですねホントに。キャラクリで下着も変更できるかどうかはまだ未確認ですが夢が膨らみます。



今作から導入されたシステム、ソウルクラッシュ状態でA+B+G+K同時押しすれば発動する「クリティカルフィニッシュ」。残り体力に関係なくこの一撃を食らうと確実にK.O。まさに一撃必殺の要素となっています。キャラごとに様々な演出が用意されているようでどれも派手ですね。しかし狙ってやるには結構難しくて難易度NormalのCPU相手ではクリティカルフィニッシュに行く前に決着がついてしまうケースが多いです。対人戦でうまく使いこなせれば強烈な一手になるでしょうね。



さてさてXbox360版特別ゲストキャラ。あのスターウォーズ(以下SW)のヨーダが参戦。ジェダイマスターに対して失礼かもしれませんがやはりカワイイです(笑。そして小さいけど強い。なんといっても相手から投げを食らうことはありませんから(笑。基本的に普通の状態ですでにしゃがみステータスみたいな扱いなので一部を除いて上段攻撃も当たらないといった独特なキャラとなっています。



ヨーダだけ名前の下にフォースゲージなるものがあり独自のスキルを使うことができるようになっています。例えば空中攻撃をキャンセルして次の技に繋げたりとか。身軽な身のこなし方は映画SWでの動きを彷彿とさせるもので華麗な技を多く持っています。ライトセイバーの音も心地よいです。



カメラズームで見てもホント良い出来ですねぇ。ぱっと見、映画のSWに出てきたヨーダそのもの。このクオリティはSWファンも納得の出来でしょう。声優も映画日本語版のヨーダを演じた永井一郎氏ということでこれはバンダイナムコGJと言わざるを得ません。・・・ということは英語版SC4だとフランク・オズなのでしょうか!?PS3版のダースベイダーのほうも気になりますがどうやら後日DLCで配信されるとのことなので期待です。



STORYモードもいくつかのキャラでクリアしたので次は「TOWER OF LOST SOULS」に挑戦。このモードは体力ゲージの回復なしでミッションをこなしていくというルールで各フロアにはクリエイション用のパーツやGoldの入った宝物があるという仕組み。この隠されたアイテムを手に入れるには特殊な条件を満たす必要があります。例えばガードを使わずに勝つ、ガード不能技で倒すなど、最初に表示されるヒントに注意して条件を探すといった感じですね。



さてさて今回はあまりプレイできなかったのでここまで。まだ少ししかやってないので評価はしにくいのですが現時点ではなかなか期待どおりの出来なのではないかという印象です。今回はSTORYとTOWER OF LOST SOULSモードしかプレイしていませんがその他にもARCADE、TRAINING、VS MODE、Xbox LIVE、CHARACTER CREATION、MUSEUM・・・といった感じに結構なボリュームとなっているのでやりこみ度が高そうなゲームではあります。というわけで次回へ続く・・・。


■『ソウルキャリバーIV』公式サイト
http://namco-ch.net/soulcalibur4/
関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


コメントの投稿

HeadLine
Twitch Live
Profile
PlayStation 3


[Computer Specs]
OS: Windows 10
CPU: Core i7-4790
RAM: 16GB
GPU: GeForce GTX970
Display: 27" IPS x2
Mouse: Logicool G400
Keyboard: Gaming Keyboard G105
Microphone: SONY ECM-PCV80U
HDMI Capture: MonsterX U3.0R
Access
New Article
Article List
Archive Log

2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 02月 【3件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【3件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【6件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【8件】
2014年 08月 【7件】
2014年 07月 【5件】
2014年 06月 【5件】
2014年 05月 【4件】
2014年 04月 【5件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【7件】
2013年 11月 【6件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【5件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【11件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【6件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【5件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【10件】
2012年 08月 【13件】
2012年 07月 【14件】
2012年 06月 【15件】
2012年 05月 【13件】
2012年 04月 【17件】
2012年 03月 【16件】
2012年 02月 【13件】
2012年 01月 【11件】
2011年 12月 【16件】
2011年 11月 【17件】
2011年 10月 【18件】
2011年 09月 【19件】
2011年 08月 【11件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【15件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【13件】
2011年 02月 【11件】
2011年 01月 【16件】
2010年 12月 【17件】
2010年 11月 【18件】
2010年 10月 【17件】
2010年 09月 【10件】
2010年 08月 【12件】
2010年 07月 【13件】
2010年 06月 【23件】
2010年 05月 【22件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【15件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【20件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【14件】
2009年 10月 【18件】
2009年 09月 【16件】
2009年 08月 【21件】
2009年 07月 【20件】
2009年 06月 【18件】
2009年 05月 【18件】
2009年 04月 【22件】
2009年 03月 【19件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【17件】
2008年 12月 【16件】
2008年 11月 【17件】
2008年 10月 【22件】
2008年 09月 【24件】
2008年 08月 【20件】
2008年 07月 【23件】
2008年 06月 【23件】
2008年 05月 【19件】
2008年 04月 【25件】
2008年 03月 【14件】
2008年 02月 【6件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【6件】
2007年 10月 【9件】
2007年 09月 【6件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【7件】
2007年 03月 【7件】
2007年 02月 【2件】

Category

openclose

Twitter
Sponsored Link
copyright © 2017 BuildForce All Rights Reserved.  Template Design by: DD AKT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。