スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ROBOTICS;NOTES クリアしての感想

RoboticsNotes_01_01s.jpg

発売日に買ってちまちまプレイしてたらクリアするのに今までかかってしまいました、科学アドベンチャーシリーズ第3弾『ロボティクス・ノーツ』。
なにやら世間では結構辛口の評価をされてる本作ですが、私自身は結構楽しめた作品。てなわけで感想日記ですが、ネタバレ画像などが含まれているのでこれからプレイする予定の方などはご注意を。
RoboticsNotes_01_02s.jpg

科学アドベンチャーシリーズ第2弾である前作『シュタインズ・ゲート』が主人公・岡部倫太郎の孤独な戦いと苦悩を描いたストーリーだったのに対して、『ロボティクス・ノーツ』は、主人公・八汐海翔とヒロイン・瀬乃宮あき穂の二人を軸に、部活のメンバーや島の人々、そしてやがては世界中の人々が一つになって悪に立ち向かうという構図。
こう書くと壮大に思えますが、実際物語が大きく動き出すのはかなり後半。ロボットアニメへの情熱と巨大ロボットを作る夢というテーマがメインでほとんどは学園生活の日常がメイン。そしてそこに本作の面白さが集約されています。

RoboticsNotes_01_03s.jpg

主要キャラに関しては今作も個性的な登場人物で固められていて、特に神代フラウは女版ダルともいうべき、いやそれ以上に濃く、癖の強いキャラクターで言動一つ一つが痛々しくて面白い。ネットスラングを知らない人が彼女の言動を見たらまるでわけのわからない呪詛を唱えてるだけに見えることでしょう。
ゆえに彼女がメインの章で見せるシリアスな一面は、その落差からより一層強い印象を残してくれます。

RoboticsNotes_01_04s.jpg

神代フラウが女版・ダルなら、日高昴は男版・牧瀬紅莉栖というのもあながち的外れではないと思います。彼こそ本作一番のツンデレキャラであり、緊張するとテンパって言葉を噛みまくるという萌え要素も完備。
そんなロボ部員達の日常のやりとりを見てると非常に楽しい。おそらく今後出るであろう彼らの日常をメインとしたファンディスク編にも期待が高まります。

RoboticsNotes_01_05s.jpg

本作のシステムで最もユニークでありながら失敗の要素だと思うのが「ツイぽ」。
現実のTwitterを表現していて、周りの人物や世間の人達がどんなことをつぶやいているのか見て楽しめたり、特定の人物に返信したりできるツールですが、ツイぽを一切見なくてもゲームは進行するのに、実はこのツイぽの返信文の選択こそがストーリーの分岐になっているという仕様。前作のフォーントリガーの悪い部分のみを引き継いでる。
どれが正解の返信文かわかりにくいのも問題で、攻略サイトでも見ないと非常に面倒な仕様になっているように感じました。

RoboticsNotes_01_06s.jpg

ガンダムネタは沢山出てきますが、ガンダムのような立派な二足歩行巨大ロボは本作には登場しません。何せ学生が作れるモノなんて所詮この程度。というのを見事に表現してるハリボテ感満載の「ガンつくプロジェクト試作1号機」、通称:ガンつく1。
でもここに至るまでの紆余曲折な経緯があるだけに、こんなロボでもはじめて動く瞬間が来る時は”たぎる”ものがあったりするわけです。

巨大ロボット制作への夢を追いかけるあき穂の明るい日常、その裏で陰謀が絡む気配がする”君島レポート”を探す海翔。二つのストーリーはやがてシンクロして物語に緊張感を生み出します。

RoboticsNotes_01_07s.jpg

これまでの科学アドベンチャーシリーズをプレイしている人ならニヤっとできる要素がいくつかありますが、特にインパクトある存在がシュタインズ・ゲートにも登場した天王寺綯。こんなにも立派になってしまわれてまったくけしからん。
どうしても前作のオカルト展開する天王寺綯のインパクトが強すぎて本作の性格に慣れるまで時間がかかりましたが、プレイしていると彼女の潜在的な部分が見え隠れしてきて、そこは確かにシュタインズ・ゲートの世界線から来た人物だなと納得させてくれます。

RoboticsNotes_01_08s.jpg

SFというのはトンデモ描写が出てきたとしても、それをなんとなく納得させるだけ裏付け設定があれば受け手が抱く些細な疑問よりもストーリーへの没入感が勝ると思うのですが、このロボティクス・ノーツにはその工程が割とあっさりカットされていて、それゆえに矛盾や疑問を抱くシーンが多い。
例えばサブリミナルとはいえグランドオベリスクが突如お台場に出現してしまうというのは、あれだけの解説では無理があるし、デジタルデータのプログラムに人が”物理的”に操られる点についても科学的根拠を元にした解説が抜け落ちてる。そういった全体的な詰めの甘さを感じずにはいられません。

RoboticsNotes_01_09s.jpg

感情移入しにくい設定の主人公・八汐海翔とは違い、ヒロイン・瀬乃宮あき穂は非常に魅力的なキャラクターに描かれていると感じます。
ガンつく1を完成させて万博に出展するという一つの目標のために、まるで昭和時代の熱血キャラクターのように奮闘する姿は好感が持てるし、いつも空回りしてバカっぽくてダメダメな所も含めて魅力的。普段がお調子者ゆえに弱気になってるあき穂を見ると守ってあげたくなる、そんなキャラクターですね。

RoboticsNotes_01_10s.jpg

クセの強い性格のキャラクターで固められているので、彼らに感情移入できるかどうかでこの作品の印象は大きく変わってくると思います。
海翔とあき穂の二人の関係や感情の描き方は上手いし、あき穂以外のヒロインを掘り下げていくルートもよく出来ている。9章あたりの展開には感動してしまったし、中盤までのクオリティは本当に素晴らしい。

RoboticsNotes_01_11s.jpg

個人的に残念だと思ったのは、終盤のストーリーの練り込み不足と終わった後の余韻の物足りなさ。これに尽きます。シュタインズ・ゲートの伏線回収は見事と言えるレベルでしたが、ロボティクス・ノーツにいたってはそれが上手く出来てないどころか回収されていない伏線もあるように思えます。 (それらは考察サイトでもまとめられてますが、結局は妄想するしかないものばかり。)
そして最終決戦が終わった後の感動も束の間、その後のロボ部員達のエピローグもなくあっさり終わってしまうので余韻も少なくなんだか物足りない。そこがとにかく残念に感じた部分。

RoboticsNotes_01_12s.jpg

とはいえ、それを差し引いても私は”面白かった”と思える作品です。
そう感じるのはやはり魅力あるキャラクターのおかげ。そのキャラクターの魅力を描いているのもシナリオの力が大きいわけで、シナリオの一部の粗のせいで作品全体の評価を落としてしまっているのが残念でなりません。そして「シュタインズ・ゲート」と比較される運命にあることが最大に不幸な点であったこと。
面白かったけど万人に薦められる作品ではないかなというのが正直なところであります。




秋から始まるアニメ版は2クールだそうで。PV見た感じよく動いてるし期待できそうですね。




関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


カオスヘッドやりました?
記事の中のシナリオの詰めが甘いと感じた部分はカオスヘッドのネタを拡張したところが多いと思います。
割とカオスヘッド前提なのは世界線が繋がってるからなんですが、プレイしてないと評価がかなり変わってきそうだと感じました。
[ 2012/09/07 19:16 ]

Re: ROBOTICS;NOTES クリアしての感想

シュタゲが名作だったということで期待ハードルが上がってしまったこと、シュタゲの成功のせいか今作は最初から各種メディア展開を多く盛り込んでいてゲーム本編で語られないことが多く影響が少なからず出ている というのが大きかったような気がします。

単体で見ると結構良いゲームだと私も思います。
ただ海翔が勝負で勝ったら勝負で勝ったらって言い続けるのはちょっとクドかったですねw
[ 2012/09/07 21:58 ]

Re: ROBOTICS;NOTES クリアしての感想

居る夫で綯さんのバストアップは思いつかなかった、実にけしからん

もうクリアしたの1月以上前ですが、概ね同じ感想を抱きました。」
DDさんが指摘してないものでこれは良くないと思ったのは、
事の真相の大部分は澤田がベラベラじゃべるって明らかになるところと、最後のスローモー連発でしょうか…
特にスローモー連発はフラウルートラストのたぎりが台無しだったと思います。

プレイしてて楽しかったけど終わったあと残念さはあったって感じです。
フラウのファンディスクルートはやりたいですけどね、デュフ
[ 2012/09/07 23:19 ]

Re: ROBOTICS;NOTES クリアしての感想

千代丸氏がロボノを擁護している発言が多いのが悔しい。
お前は本当にあのシナリオ、システムに満足しているのか、と。

おっしゃる通り、シュタゲと比較されるのはこの作品にとって不幸だったかもしれません。シュタゲがなければそこそこ面白い作品として評価されていた可能性は高い。

アニメに期待。
[ 2012/09/08 01:43 ]

Re: ROBOTICS;NOTES クリアしての感想

アニメ化が早々に決まり無理やり発売した感じがいないめない
ストーリー内の多すぎる矛盾点、エピローグつける余裕すらないとかワロエナイ
しかしこなちゃんかわいい 
こなちゃんのためのゲーム
[ 2012/09/08 02:39 ]

Re: ROBOTICS;NOTES クリアしての感想

絵はキレイだったし、読み物としても十分だったかと思いました。
あくまでリアリティのある「ロボット」というのも新鮮で。
ただ如何せん過去シリーズと比較されてしまうと・・・というのと、
やはりその後のエピローグ的なものは欲しかったですよね・・・。
あとアキちゃんの能力もどうにか活かして欲しかった気も。
ただ「可哀想な子」扱い過ぎたような。

しかし、狂気のマッドサイエンティスト、変態スーパーハッカー、
天才@ちゃんねらー、天才腐゜ログラマー、天才パイロット(加速装置付
・・・と、なんとなくカードが揃ってきた感じがしますね。次回は
どんな個性が仲間になるのかな。
[ 2012/09/09 21:14 ]

Re: ROBOTICS;NOTES クリアしての感想

後半のインコのシーンが酷すぎる、話を練りこめなかったら削除してもよかっただろうになんであれでゴーサインが出たのか不思議なレベル。
[ 2012/09/10 07:28 ]

Re: ROBOTICS;NOTES クリアしての感想

個人的には
「面白いか面白くないか問われれば面白いと答える、でも期待してた面白さには程遠い」
というところですかね
とくに残念なところはやっぱラストの消化不良なところかな
あの後なんらかのEDが残ってるのか攻略サイトなどで調べた
まあでもこの作品を好きにはなった
来年の6月に種子島でロケット打ち上げがあるからそれに合わせて聖地巡礼でもするかなぁ?
[ 2012/09/10 07:56 ]

Re: ROBOTICS;NOTES クリアしての感想

>hahahaさん
カオスヘッドは実は途中で積んだままなんです(汗。
hahahaさんのコメントを読んでロボノをプレイする前にやっておけば
よかったと後悔しております。てなわけでこれから再開してみます!

>ななしさん
おっしゃるようにシュタゲが完成度高すぎたってのもあるんですよね。
海翔が勝負で勝ったらって言い続けるのは、今後あきちゃんとあんなこと
やこんなことをすることになった時にも言うのかと別の意味で妄想を
かきたてられます(笑。

> lunoさん
綯さんのお尻アップを掲載しようとしたんですが、顔が見えてなかったの
でこっちを使いました(笑。
そうですね、最後のスローモー連発はちょっとやりすぎですね。
ここぞという超必殺技的な要素にしたほうが盛り上がったかもしれません。
日常のほうが楽しかったのでそういう意味ではファンディスクに期待ですね。

>32インチさん
最終章をプレイして32インチさんが言ってた感想の意味をようやく理解
しました。シュタゲのような驚きの展開もなくある種淡々と終わってしまう
様は、確かにユーザーがこのシリーズに求めていたレベルには至らなかった
かなと。
ロボノは題材的にアニメのほうが向いてそうなので、そちらに期待したい
ですね。
[ 2012/09/10 16:05 ]

Re: ROBOTICS;NOTES クリアしての感想

>名無しさん
>こなちゃんのためのゲーム
確かに。いやほんとキャラが良かったのが救いですよね。
こなちゃんルートがシリアス展開だったのでファンディスクではどっぷり
メロメロニヤニヤ展開を希望したいです。デュフフ

>jingleさん
そうなんですよ、あき穂の能力が最後にはカギとなるんじゃないかと思って
たんですが、結局序盤に登場したっきりでなんもなく終わってしまったので
少々肩透かしを食らいましたね。
第4弾はどんな設定で来るんでしょうねぇ。そろそろ300人委員会などの
大元との対決的なものも期待したいですね。

>名無しさん
後半への伏線になるんじゃないかと思わせておいて、何もなかったという
要素が多いですよね。その辺をもっと時間をかけて練り込んでほしかったです。

>名無しさん
まったく同感ですね。私も総合的には楽しめたといえる作品。
ただ本当に惜しいし、もったいない。だからアニメ版では終盤の展開を
変えてでもいいので頑張ってもらいたいですね。
来年の6月にロケット打ち上げですか。ロボノをプレイした後だと感慨深い
ものを感じますね。
[ 2012/09/10 16:06 ]

Re: ROBOTICS;NOTES クリアしての感想

君島コウが善人に見せた悪役じゃなく、実は本当に善人とかだったら、
個人的には更に面白かったんですけれどね。300人委員会に対抗するための
チームを作るのが目的だったとかなんとか。全部が全部、ギリギリで
状況を打開出来るように仕組まれていたとか。カイトの能力も含めて。

ミサ姉へ妹たちを殺害する旨伝えた結果が計算外とか、そんなこと
ありえないと思うんですよねぇ。完璧な形で移植されてない、という
状況こそが完璧な状態だった、みたいな。まぁ妄想乙って感じですが。
どこかに、こごーり監督も愛理の両親も生きてる描写とかあればなぁ・・・。

しかし、顔の無い組織ってどう倒すのかが問題ですよね。
上手く倒せたのって、MGS4くらいしか思い浮かびません・・・。
[ 2012/09/10 22:23 ]

Re: ROBOTICS;NOTES クリアしての感想

> jingleさん
こごーり監督も愛理の両親も結局、簡単にその後を語られただけで
投げっぱなしではありますよね。今回はそういうのが多くて、クリアした
後で、あれ?そういえばあれどうなったんだ?という疑問が多く残る形に。
こまけぇことは気にスンナ!って人なら楽しめる作品だとは思いますが。
まぁ作り手もユーザーのレスポンスは感じてるはずなので、今後の展開に
活かしてくれればと願います。
[ 2012/09/11 10:50 ]

Re: ROBOTICS;NOTES クリアしての感想

コミック版も一巻が発売したし
今後とも様々な分野でロボノは展開していくでしょう
アニメももうすぐだし、ノベル化だって絶対されると思う
今後ロボノという作品の評価もそれらの作品の出来次第で少しは変わると思う
あまり変えず、足りない部分を補うという作品展開にしてほしいな
[ 2012/09/12 21:15 ]

Re: ROBOTICS;NOTES クリアしての感想

>名無しさん
そうですね。そういうメディア展開を最初から想定してた節は感じます。
コミック版買ってみようかな。なんかあき穂がメインっぽいらしいのでw
[ 2012/09/13 13:34 ]

コメントの投稿

HeadLine
Twitch Live
Profile
PlayStation 3


[Computer Specs]
OS: Windows 10
CPU: Core i7-4790
RAM: 16GB
GPU: GeForce GTX970
Display: 27" IPS x2
Mouse: Logicool G400
Keyboard: Gaming Keyboard G105
Microphone: SONY ECM-PCV80U
HDMI Capture: MonsterX U3.0R
Access
New Article
Article List
Archive Log

2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 02月 【3件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【3件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【6件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【8件】
2014年 08月 【7件】
2014年 07月 【5件】
2014年 06月 【5件】
2014年 05月 【4件】
2014年 04月 【5件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【7件】
2013年 11月 【6件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【5件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【11件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【6件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【5件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【10件】
2012年 08月 【13件】
2012年 07月 【14件】
2012年 06月 【15件】
2012年 05月 【13件】
2012年 04月 【17件】
2012年 03月 【16件】
2012年 02月 【13件】
2012年 01月 【11件】
2011年 12月 【16件】
2011年 11月 【17件】
2011年 10月 【18件】
2011年 09月 【19件】
2011年 08月 【11件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【15件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【13件】
2011年 02月 【11件】
2011年 01月 【16件】
2010年 12月 【17件】
2010年 11月 【18件】
2010年 10月 【17件】
2010年 09月 【10件】
2010年 08月 【12件】
2010年 07月 【13件】
2010年 06月 【23件】
2010年 05月 【22件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【15件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【20件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【14件】
2009年 10月 【18件】
2009年 09月 【16件】
2009年 08月 【21件】
2009年 07月 【20件】
2009年 06月 【18件】
2009年 05月 【18件】
2009年 04月 【22件】
2009年 03月 【19件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【17件】
2008年 12月 【16件】
2008年 11月 【17件】
2008年 10月 【22件】
2008年 09月 【24件】
2008年 08月 【20件】
2008年 07月 【23件】
2008年 06月 【23件】
2008年 05月 【19件】
2008年 04月 【25件】
2008年 03月 【14件】
2008年 02月 【6件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【6件】
2007年 10月 【9件】
2007年 09月 【6件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【7件】
2007年 03月 【7件】
2007年 02月 【2件】

Category

openclose

Twitter
Sponsored Link
copyright © 2017 BuildForce All Rights Reserved.  Template Design by: DD AKT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。