スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『GuildWars』の明暗

全世界で売り上げが500万本を突破していたのですね。『GuildWars』。



しかしながらいつのまにか中国に続き台湾もサービス終了。 韓国も先月サービス終了が報じられましたがどうやらこれは誤報だったようで、しかしながら雲行きは怪しい。
どちらにせよアジア圏ではほとんど全滅。 アジア市場では結果を残せなかったということになります。 新規ユーザーがいない日本もいつまでサービスが続くのか予想は出来ません。
流行らなかったのは様々な要因があると思いますが、内容はほんとに良いゲームだっただけに残念です。
私はもうほとんど引退したも同然ですので未練はありませんが、PCゲームの中では『Diablo2』、『Unreal Tournament』の次に長時間ハマったゲームだけに思い入れもそれなりにあります。
とはいえ、アジア圏の結果とはうらはらに全世界で500万本セールスを突破してることを考えれば日本や韓国でどんな結果だろうとこの数字なら十分に世界で成功したと言えると思います。



アジアと欧米のマーケットの差が明確に出た結果ですが、今後こういったRPGタイトルをアジアでの成功も視野に入れて開発するのならやはりMMO化は避けて通れない要素なのかもしれません。
GWSのRPGパートのエンディングを見ただけで満足して辞めて行った人も多いと思います。 このゲームのレア装備やアイテムは=強さに値しませんし、Lv上げをして楽しむような要素もほとんどありません。 後はGvGの楽しさに目覚めた人と称号獲得などのためにやり込む人だけが残っていくパターンでしょう。

昨年に発表された『GuildWars 2』の概要がまるで『World of Warcraft』を意識したMMOゲームと変貌していたのはそういった目論見があるからかもしれません。

余談ですが日本などのアジア市場は無視され欧米だけの数字で結果を出していってることに関しては家庭用コンソール市場も同じようなものかもしれませんね。
海外のマーケットで戦えているのは年間900億円を広告費につぎ込んでカジュアルユーザーを取り込んでる任天堂ぐらい。 ゲーム業界全体の規模で見れば日本市場というのはもはや小さなパイに過ぎないのかもしれません。

一つの要因としてゲームに夢中になってる時間よりも2ちゃんねる、Youtubeやニコニコ動画、ミクシィなどのSNSで過ごしてる時間のほうが長いという人も多くなってきたのではないかと。 ゲーム以外でも熱中できるエンターティメントはそこらじゅうに転がってるわけなんですよね。

そう考えると近年の日本で展開されているPCオンラインゲームが次々と基本無料化になっていってるのも頷けます。 コンシュマーだけにあらずPCゲーム全体においても一層カジュアルな方面に向かっているのかもしれません。

そんな状況になっていく中で果たして『GuildWars 2』はどういった施策でアジア市場に上陸を果たすのか見ものです。 いや、そもそもアジア市場はもう無視して欧米だけの展開になるのか、それとも前作の結果を踏まえてマーケティングにも力を入れリベンジを果たそうとするのか。 パブリッシャーがNCsoftである以上前者は考えにくいところですが、いずれにせよ今後の動向は注目です。
関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


コメントの投稿

HeadLine
Twitch Live
Profile
PlayStation 3


[Computer Specs]
OS: Windows 10
CPU: Core i7-4790
RAM: 16GB
GPU: GeForce GTX970
Display: 27" IPS x2
Mouse: Logicool G400
Keyboard: Gaming Keyboard G105
Microphone: SONY ECM-PCV80U
HDMI Capture: MonsterX U3.0R
Access
New Article
Article List
Archive Log

2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 02月 【3件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【3件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【6件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【8件】
2014年 08月 【7件】
2014年 07月 【5件】
2014年 06月 【5件】
2014年 05月 【4件】
2014年 04月 【5件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【7件】
2013年 11月 【6件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【5件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【11件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【6件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【5件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【10件】
2012年 08月 【13件】
2012年 07月 【14件】
2012年 06月 【15件】
2012年 05月 【13件】
2012年 04月 【17件】
2012年 03月 【16件】
2012年 02月 【13件】
2012年 01月 【11件】
2011年 12月 【16件】
2011年 11月 【17件】
2011年 10月 【18件】
2011年 09月 【19件】
2011年 08月 【11件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【15件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【13件】
2011年 02月 【11件】
2011年 01月 【16件】
2010年 12月 【17件】
2010年 11月 【18件】
2010年 10月 【17件】
2010年 09月 【10件】
2010年 08月 【12件】
2010年 07月 【13件】
2010年 06月 【23件】
2010年 05月 【22件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【15件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【20件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【14件】
2009年 10月 【18件】
2009年 09月 【16件】
2009年 08月 【21件】
2009年 07月 【20件】
2009年 06月 【18件】
2009年 05月 【18件】
2009年 04月 【22件】
2009年 03月 【19件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【17件】
2008年 12月 【16件】
2008年 11月 【17件】
2008年 10月 【22件】
2008年 09月 【24件】
2008年 08月 【20件】
2008年 07月 【23件】
2008年 06月 【23件】
2008年 05月 【19件】
2008年 04月 【25件】
2008年 03月 【14件】
2008年 02月 【6件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【6件】
2007年 10月 【9件】
2007年 09月 【6件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【7件】
2007年 03月 【7件】
2007年 02月 【2件】

Category

openclose

Twitter
Sponsored Link
copyright © 2017 BuildForce All Rights Reserved.  Template Design by: DD AKT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。