スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhone 『Infinity Blade 2』 ファーストインプレッション

infinityblade2_01.jpg

UnrealEngineを用いたiOS専用ゲーム『Infinity Blade』の続編がついに配信。(600円)
モバイルゲーム至上最上級のグラフィックス、iOSデバイスの特性を活かしたユニークなゲームシステム、そして独特なダークファンタジーの世界観に魅了され、前作は相当ハマってやり込んだこのゲーム。今作は一体どのような進化を遂げたのでしょうか。
てなわけで早速プレイしてみました。
infinityblade2_02.jpg

今回はアジア風の舞台から始まるのが新鮮ですが、ストーリーにも力を入れており、謎の不死者セイディーとの出会いから、過去の秘密を解き明かすための冒険が始まるというプロローグも用意されております。
ちなみに主人公はサイラスという名前だったことが判明しただけでなく、鎧を脱いだ素顔さえも垣間見ることが出来ます。ちゃんと人間の姿をしていたことに安心。

infinityblade2_03.jpg

「Infinity Blade」といえばやはりこの直感的ですぐにゲームを楽しめるシンプルな操作性が特徴的。
敵の攻撃にこちらの攻撃を合わせて弾く「パリィ」システムは更に拡張されていて、グレートパリィ、パーフェクトパリィ、更にそこからコンボに繋がる「パーフェクトパリィブレイク」など、技が決まった瞬間の気持ち良さは断然グレードアップしています。

infinityblade2_04.jpg

敵との戦闘中に条件を満たすと達成ボーナスが付与される要素も追加。
またプレイヤーキャラや敵に関しても新モーションや新要素が追加されており、より幅の広い戦闘が楽しめるように進歩していると思います。今回は敵も魔法を使ってくるのが新鮮。

infinityblade2_05.jpg

マップも一本道だけでは無くなり、複数の探索ルートを選べるように拡張されました。序盤は鍵が無いと進めないルートも多く、まずはお金を集めつつ装備を整えながら周回をこなし、やがて新しい道を切り開いていくことになるでしょう。
今回も前作以上にいたるところにお金が落ちているので注意深く目で探索すべし。

infinityblade2_06.jpg

新要素の「ジェム」システム。入手したジェムを装備に埋め込むことで好きなように性能をカスタマイズすることが出来るようになりました。ジェムには様々な効果があるのでそういったレア要素を入手して、いかに最強装備を作れるかといったやり込み要素もたっぷりといった感じ。

infinityblade2_07.jpg

お馴染みの「剣と盾」スタイルだけでなく、今作では「二刀流」や「両手武器」も追加。「二刀流」や「両手武器」はもちろん盾によるガードや効果はなくなりますが、その分、豪快な斬撃や火力を楽しむことができます。
元々ドッジとパリィ狙いしかしなかった私には「二刀流」のスタイルが合っていて非常に楽しい。モーションもカッコ良いですしね。

infinityblade2_08.jpg

本作は当初、iPhone4S専用タイトルとアナウンスされていたようですが、どうやらユニバーサルAPPに対応し、iPhone3GS以降のデバイスならどれでもプレイ可能とのこと。ただ、私のiPhone4では若干フレームレートが低下する場面があったので、最高の環境でプレイしたいのならやはりiPhone4SかiPad2がベストと言えるでしょう。この二機種ではグラフィックス表現も更に美しくなっているようです。



てなわけで序盤を少し遊んでみた『Infinity Blade 2』 ですが、前作の基本システムはそのままに、幅広くなった戦闘スタイル、キャラクターのカスタマイズ性、探索の楽しさ、ストーリー性など、あらゆる面でブラッシュアップされており、前作をやり込んだ人も十分ハマれる内容になっていると思います。これから私も外出先や電車の中の時間を利用してたっぷり遊んでみようと思います。




■Infinity Blade II - iTunes App Store
■iOS用ゲーム『Infinity Blade』を買ってみた
関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


コメントの投稿

HeadLine
Twitch Live
Profile
PlayStation 3


[Computer Specs]
OS: Windows 10
CPU: Core i7-4790
RAM: 16GB
GPU: GeForce GTX970
Display: 27" IPS x2
Mouse: Logicool G400
Keyboard: Gaming Keyboard G105
Microphone: SONY ECM-PCV80U
HDMI Capture: MonsterX U3.0R
Access
New Article
Article List
Archive Log

2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 02月 【3件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【3件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【6件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【8件】
2014年 08月 【7件】
2014年 07月 【5件】
2014年 06月 【5件】
2014年 05月 【4件】
2014年 04月 【5件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【7件】
2013年 11月 【6件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【5件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【11件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【6件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【5件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【10件】
2012年 08月 【13件】
2012年 07月 【14件】
2012年 06月 【15件】
2012年 05月 【13件】
2012年 04月 【17件】
2012年 03月 【16件】
2012年 02月 【13件】
2012年 01月 【11件】
2011年 12月 【16件】
2011年 11月 【17件】
2011年 10月 【18件】
2011年 09月 【19件】
2011年 08月 【11件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【15件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【13件】
2011年 02月 【11件】
2011年 01月 【16件】
2010年 12月 【17件】
2010年 11月 【18件】
2010年 10月 【17件】
2010年 09月 【10件】
2010年 08月 【12件】
2010年 07月 【13件】
2010年 06月 【23件】
2010年 05月 【22件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【15件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【20件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【14件】
2009年 10月 【18件】
2009年 09月 【16件】
2009年 08月 【21件】
2009年 07月 【20件】
2009年 06月 【18件】
2009年 05月 【18件】
2009年 04月 【22件】
2009年 03月 【19件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【17件】
2008年 12月 【16件】
2008年 11月 【17件】
2008年 10月 【22件】
2008年 09月 【24件】
2008年 08月 【20件】
2008年 07月 【23件】
2008年 06月 【23件】
2008年 05月 【19件】
2008年 04月 【25件】
2008年 03月 【14件】
2008年 02月 【6件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【6件】
2007年 10月 【9件】
2007年 09月 【6件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【7件】
2007年 03月 【7件】
2007年 02月 【2件】

Category

openclose

Twitter
Sponsored Link
copyright © 2017 BuildForce All Rights Reserved.  Template Design by: DD AKT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。