スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Gears of War 3 プレイ日記3 ACT4、5

gow3_03_01.jpg

ギアーズを久々にプレイして思ったのは、この銃を撃ってる感覚とそこから伝わる反動や重量感がやはりダントツに気持ち良いということ。これは初代から変わらない要素ですが、この基本が出来てないシューター作品て意外と多いんですよね。ギアーズはこのしっかりした土台の上に緻密に練られたレベルデザインや演出効果が加わり、誰もが熱中する見事な作品に仕上がっているのだと改めて感じました。
さてキャンペーン日記も終盤。ACT4と5をcoopで一気にプレイしてみました。
gow3_03_02.jpg

ここにきて今作のハンマーバーストが凄く使える武器になってることに気づきました。ズームすればアイアンサイト越しに撃てるのでより正確に撃てるように変わっているんですね。これまではランサーの代用品程度にしか考えてなかったのですが、中~遠距離ではこちらのほうが頼もしそうな気がしてきました。

gow3_03_03.jpg

今回も乗り物ミッションがあるとは思ってましたがまさか海底戦とは。海面に透過した太陽光と海中に沈んだ廃墟との対比が非常に美しいですね。
潜水艦がダメージを受けても自動回復する(ガラスのひび割れすら速やかに直る!)のですから、COGの技術力も侮れません。

gow3_03_04.jpg

ACT5からはアーケードモードでプレイしてみました。wikiによるとスタンダードモードとの違いは以下のとおり。

・進行度合いはセーブされない
・装備はACT/Chapterをまたいで引き継げない
・武器ごとの処刑はアンロックが必要
・リボンを獲得できる
・COOPでの難易度はホストに依存
・COOPでは誰かが死んでも生き残りが居る限りリスポーンが可能
・スコア倍率はキルごとに増加、味方のダウンや死亡で減少する
・ミューテーターの利用が可能


誰かが死んでも生き残りがいればリスポーン可能というのはHordeのそれと同じ仕様ですね。なるほどインセインではこちらのモードのほうが若干楽かもしれません。

gow3_03_06.jpg

この辺になるとハードコアでも結構キツイ攻防が続きます。今作でローカストは遮蔽物を利用してプレイヤーの背後を取ってきたりとAIも賢くなりましたよね。

画面右下のスコア差に注目。やりこんでるmadamさんやdumさんのスコアは流石であります。ちなみに私とプレイする場合は、私がダウンしまくるがゆえにスコアの倍率が増加しないという縛りミューテーターが自動でONになる特典付きであります。

gow3_03_07.jpg

ラスボス戦はクイーンとの決着戦。波動砲は皆が一箇所に集まってると一気に全滅しかねない威力。溶けない遮蔽物があるのでそこからカバーポジションで口を狙い、ダウンしたらドーンハンマーでこんがり焼くの繰り返し。私は当初全ての遮蔽物を溶かしてくるのかと思い必死で逃げておりました(笑。
クイーンは動きがパターン化されてるのでACT3のランベントベルセルクに比べれば楽でしたね。難易度インセインではどうなるかわかりませんが・・・。

gow3_03_08.jpg

てなわけで無事エンディングを迎えることが出来ました。coopに協力してくれたフレンドの皆さん有難うございました!

キャンペーンの感想ですが、シリーズを通してプレイしてきて、ストーリー、演出、ギミック、レベルデザイン、ほぼ全ての要素において今作が一番面白かったと感じています。最後に相応しい締めくくり方で感慨深いものがありますね。
ただ、「クイーン・ミラがなぜローカストのリーダーを指揮していたのか?」という最大の謎は結局わからず・・・。個人的にはこれが今作で一番知りたかった点だっただけにちょっと不完全燃焼気味。この辺は何か後々語られる要素があるのでしょうか。ともあれ今後DLCも予定されているとのことでそちらのほうも期待です。

とりあえずキャンペーンも終わったことですし、次はHordeやBeastモードを遊んでみたいと思います。
関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


コメントの投稿

HeadLine
Twitch Live
Profile
PlayStation 3


[Computer Specs]
OS: Windows 10
CPU: Core i7-4790
RAM: 16GB
GPU: GeForce GTX970
Display: 27" IPS x2
Mouse: Logicool G400
Keyboard: Gaming Keyboard G105
Microphone: SONY ECM-PCV80U
HDMI Capture: MonsterX U3.0R
Access
New Article
Article List
Archive Log

2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 02月 【3件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【3件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【6件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【8件】
2014年 08月 【7件】
2014年 07月 【5件】
2014年 06月 【5件】
2014年 05月 【4件】
2014年 04月 【5件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【7件】
2013年 11月 【6件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【5件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【11件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【6件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【5件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【10件】
2012年 08月 【13件】
2012年 07月 【14件】
2012年 06月 【15件】
2012年 05月 【13件】
2012年 04月 【17件】
2012年 03月 【16件】
2012年 02月 【13件】
2012年 01月 【11件】
2011年 12月 【16件】
2011年 11月 【17件】
2011年 10月 【18件】
2011年 09月 【19件】
2011年 08月 【11件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【15件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【13件】
2011年 02月 【11件】
2011年 01月 【16件】
2010年 12月 【17件】
2010年 11月 【18件】
2010年 10月 【17件】
2010年 09月 【10件】
2010年 08月 【12件】
2010年 07月 【13件】
2010年 06月 【23件】
2010年 05月 【22件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【15件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【20件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【14件】
2009年 10月 【18件】
2009年 09月 【16件】
2009年 08月 【21件】
2009年 07月 【20件】
2009年 06月 【18件】
2009年 05月 【18件】
2009年 04月 【22件】
2009年 03月 【19件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【17件】
2008年 12月 【16件】
2008年 11月 【17件】
2008年 10月 【22件】
2008年 09月 【24件】
2008年 08月 【20件】
2008年 07月 【23件】
2008年 06月 【23件】
2008年 05月 【19件】
2008年 04月 【25件】
2008年 03月 【14件】
2008年 02月 【6件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【6件】
2007年 10月 【9件】
2007年 09月 【6件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【7件】
2007年 03月 【7件】
2007年 02月 【2件】

Category

openclose

Twitter
Sponsored Link
copyright © 2017 BuildForce All Rights Reserved.  Template Design by: DD AKT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。