スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Portal2 日記3 Steamと連動してみた

portal2_03_01.jpg

PSNがようやく復旧。う~む長かったですね。言いたいことは色々ありますが、まぁそれはさておき、ともあれこれでようやく晴れて『Portal 2』のオンラインCoopが遊べるようになりました。
てなわけで早速、以前から気になっていたPS3版『Portal 2』がSteamとどのようにクロスプラットフォームで連携されているのかを検証してみました。続きからどうぞ。
portal2_03_02.jpg

PSNアカウントとSteamのリンク方法は非常に簡単で、PS3側でPortal2を起動してSELECTボタン押し、SteamのIDとパスワードを入れるだけ。もしSteamアカウントを持っていなければその場で取得することも出来ますが、その場合はSteam IDが勝手に「psn_(PSNのID)」となるのでアカウント名に拘る人は事前にPCから取得しておくことをお奨めします。

尚、一度リンク設定したSteamアカウントを解除する方法は現状見当たらないらしいのでリンク設定は慎重に。既存のSteamアカウント持っているのに新規に登録しちゃったよ~という悲鳴の声をたまに耳にします。この辺は今後のアップデートで改善されるかもしれませんが。

リンク設定が終わると上記スクリーンショットのようにSteamのフレンドや実績、ニュース画面などが表示されます。

portal2_03_03.jpg

PC側のSteamクライアントの画面。PS3で取得したトロフィー内容がSteamの実績に反映されているのがわかります。またセーブデータもSteamクラウドで保存されているのでPS3、PCどこからアクセスしてもゲーム進行状況を共有できるようになっております。

残念な点としては、PC版で実績を取得した場合はPS3のトロフィーに反映されないため、もう一度獲得する必要があるということ。これは今後改善してほしいところですね。

portal2_03_04.jpg

PS3版に同梱されているPC版クライアントキーを登録することによってPC版をダウンロードできます。ファイルサイズはおよそ11GB。

PC版をプレイしてまず気付くのがやはりフレームレートの高さ。『LEFT 4 DEAD』シリーズ同様にPC版は60fps以上でヌルヌル動いて快適ですね。一度PC版に慣れると戻れなくなるかもしれません。
その他の違いとしてはテキストチャットが可能な点。PS3側はテキストチャットに対応してませんが、Coop中にSteam側プレイヤーが入力したチャット内容はPS3プレイヤーの画面にも表示されるようになっていました。

portal2_03_05.jpg

ちなみにSteamとの連携を応用するとこんなことも可能に。
左がPC版の画面、右がPS3版の画面。2画面Coop環境がPS3版ディスク一枚で実現。なんとなく試してみたら出来てしまったのですが、一応以下に手順も書いておきます。

・PSNアカウントを二つ用意。お互いフレンド登録しておく。
・メインのPSNアカウントでSteamアカウントと紐付けリンク。
・紐付けリンクしたSteamアカウントでPC版Portal2を起動。
・PS3側でサブのPSNアカウントに切り替えてPortal2を起動。
・PC側(メイン)、PS3側(サブ)のどちらからでもいいので「協力プレイ」を選んでフレンド欄から招待。


たしかこんな感じだったと思います。2画面でCoop出来るからなんなんだ?、と言われればそれまでですが、画面分割よりも快適にプレイできるようになったのは利点かも・・・。

portal2_03_06.jpg

Steam(Windows/Mac)とPSN両方のフレンドと、ハードの垣根を越えて遊べる仕組みはやはり便利ですね。願わくばXbox Liveとも連携して真の意味でのクロスプラットフォームを実現してほしかったところでありますが、それは大人の事情で色々問題があるのでしょうか。
ともあれこれからこの連携機能を活用してCoopプレイを進めていこうと思います。
関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


コメントの投稿

HeadLine
Twitch Live
Profile
PlayStation 3


[Computer Specs]
OS: Windows 10
CPU: Core i7-4790
RAM: 16GB
GPU: GeForce GTX970
Display: 27" IPS x2
Mouse: Logicool G400
Keyboard: Gaming Keyboard G105
Microphone: SONY ECM-PCV80U
HDMI Capture: MonsterX U3.0R
Access
New Article
Article List
Archive Log

2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 02月 【3件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【3件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【6件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【8件】
2014年 08月 【7件】
2014年 07月 【5件】
2014年 06月 【5件】
2014年 05月 【4件】
2014年 04月 【5件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【7件】
2013年 11月 【6件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【5件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【11件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【6件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【5件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【10件】
2012年 08月 【13件】
2012年 07月 【14件】
2012年 06月 【15件】
2012年 05月 【13件】
2012年 04月 【17件】
2012年 03月 【16件】
2012年 02月 【13件】
2012年 01月 【11件】
2011年 12月 【16件】
2011年 11月 【17件】
2011年 10月 【18件】
2011年 09月 【19件】
2011年 08月 【11件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【15件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【13件】
2011年 02月 【11件】
2011年 01月 【16件】
2010年 12月 【17件】
2010年 11月 【18件】
2010年 10月 【17件】
2010年 09月 【10件】
2010年 08月 【12件】
2010年 07月 【13件】
2010年 06月 【23件】
2010年 05月 【22件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【15件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【20件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【14件】
2009年 10月 【18件】
2009年 09月 【16件】
2009年 08月 【21件】
2009年 07月 【20件】
2009年 06月 【18件】
2009年 05月 【18件】
2009年 04月 【22件】
2009年 03月 【19件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【17件】
2008年 12月 【16件】
2008年 11月 【17件】
2008年 10月 【22件】
2008年 09月 【24件】
2008年 08月 【20件】
2008年 07月 【23件】
2008年 06月 【23件】
2008年 05月 【19件】
2008年 04月 【25件】
2008年 03月 【14件】
2008年 02月 【6件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【6件】
2007年 10月 【9件】
2007年 09月 【6件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【7件】
2007年 03月 【7件】
2007年 02月 【2件】

Category

openclose

Twitter
Sponsored Link
copyright © 2017 BuildForce All Rights Reserved.  Template Design by: DD AKT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。