スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダムオペレーショントロイ 体験版



噂の『ガンダムオペレーショントロイ』の体験版が配信されたので落としてみました。
どれほどの地雷・・・いや失礼、どれほどの内容のゲームなのか気になってましたからね。体験版は嬉しいことにオンライン対戦専用。というわけでさっそく戦場へ行ってきました。


まずは連邦軍側でマッチング。あくまでこのゲームは「兵士視点で描くリアルな1年戦争」という世界観ですからモビルスーツはあくまで戦争の兵器として登場します。
簡単に言うとバトルフィールドやコールオブデューティーのようなFPSでモビルスーツに乗れて戦うことができちゃうと言ったほうがわかりやすいかもしれません。



ジムのコクピット。武器はメイン武器2種とビームサーベル、バルカンなどを切り替えて使用できる模様。この体験版では連邦側はジム、ジオン側はザクのみ使用可能。ガンダムやゲルググに乗れないのは残念ですがそれは製品版への楽しみということですね。



視点はFPSとTPSを切り替えできます。モビルスーツの動きは基本的にモッサリ。こういうゲームならせめて60fpsを実現してほしかったですね。
アーマードコアのようなハイスピードバトルではなく先ほども言ったようにバトルフィールドの戦車がモビルスーツに置き換えられてると考えたほうが良いでしょう。



1戦目はなんだかよくわからないうちに負けてしまいました。連邦軍敗北。
残念なのは対戦人数が5対5の計10人というのはやはり少なすぎると思います。普通のFPSと違って、隠れると言う要素も希薄で中距離からの撃ち合いが基本なゲームなのでどうしても人数の力で負けてしまう場面がありました。5対5な分、意図しないと連携が難しいですね。



さて気をとりなおして次はジオン側で開始。連邦よりやっぱりジオン軍ですよね。
ザクに乗ってるほうが視覚的なリアリティを感じます。勿論これは好みによるものでしょうが。
ボイスチャットでジオン兵になりきって喋ってる人がいてかなりウケました(笑。



ジムとザクにそれほどの性能差は感じませんでした。ただ武器性能は違うかもしれません。
バズーカーはレティクル(照準)が赤くなったら撃てばいいのですが弾が遅いので相手に届く頃にはそこにいなかったりします。このような距離だと動きの先読みも必要になってくるでしょう。もう少し弾速を上げても良かったんじゃないですかね。



うってかわってビーム兵器はかなり強いと思います。このように正面から連射されてしまうとキツイ。まぁビーム兵器が強いのは原作通りなのでこれはこれでいいかもしれませんが・・・。
相手のビーム兵器に脅威を感じながら実弾で応戦というのがジオン側の醍醐味!(笑。しかし原作の世界観があるから許せるけど何も知らない人からしたらただのバランスの悪いゲームと感じられるかもしれませんね。



このゲームで一番残念なのがリスポンキル。つまり復活ポイントを狙われてしまうと復帰することなく殺されてしまう。モビルスーツに乗り込んだ瞬間撃沈されるというような場面も多々ありました。
これはシステムに問題があると思いますので製品版ではアップデートなどで対応するべきかと思いますね。というわけで何戦かやってみたわけですが、楽しいと言えば楽しいのですがいろいろと問題点もあるゲームかと思います。他のFPSと比べると明らかに作りは稚拙だし、ぶっちゃけダメなんですけど、ガンダムファンにはなまじ遊べる分タチが悪い(笑。

製品版ではいろいろと違うのかもしれませんがどちらにせよ購入される方はある程度の覚悟を必要とするタイトルかもしれません。逆にガンダムが好きな人は抑えておくべき一本でしょう。

■GUNDAM OPERATION TROY 公式サイト
http://www.operation-troy.com/>
関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


コメントの投稿

HeadLine
Twitch Live
Profile
PlayStation 3


[Computer Specs]
OS: Windows 10
CPU: Core i7-4790
RAM: 16GB
GPU: GeForce GTX970
Display: 27" IPS x2
Mouse: Logicool G400
Keyboard: Gaming Keyboard G105
Microphone: SONY ECM-PCV80U
HDMI Capture: MonsterX U3.0R
Access
New Article
Article List
Archive Log

2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 02月 【3件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【3件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【6件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【8件】
2014年 08月 【7件】
2014年 07月 【5件】
2014年 06月 【5件】
2014年 05月 【4件】
2014年 04月 【5件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【7件】
2013年 11月 【6件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【5件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【11件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【6件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【5件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【10件】
2012年 08月 【13件】
2012年 07月 【14件】
2012年 06月 【15件】
2012年 05月 【13件】
2012年 04月 【17件】
2012年 03月 【16件】
2012年 02月 【13件】
2012年 01月 【11件】
2011年 12月 【16件】
2011年 11月 【17件】
2011年 10月 【18件】
2011年 09月 【19件】
2011年 08月 【11件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【15件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【13件】
2011年 02月 【11件】
2011年 01月 【16件】
2010年 12月 【17件】
2010年 11月 【18件】
2010年 10月 【17件】
2010年 09月 【10件】
2010年 08月 【12件】
2010年 07月 【13件】
2010年 06月 【23件】
2010年 05月 【22件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【15件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【20件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【14件】
2009年 10月 【18件】
2009年 09月 【16件】
2009年 08月 【21件】
2009年 07月 【20件】
2009年 06月 【18件】
2009年 05月 【18件】
2009年 04月 【22件】
2009年 03月 【19件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【17件】
2008年 12月 【16件】
2008年 11月 【17件】
2008年 10月 【22件】
2008年 09月 【24件】
2008年 08月 【20件】
2008年 07月 【23件】
2008年 06月 【23件】
2008年 05月 【19件】
2008年 04月 【25件】
2008年 03月 【14件】
2008年 02月 【6件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【6件】
2007年 10月 【9件】
2007年 09月 【6件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【7件】
2007年 03月 【7件】
2007年 02月 【2件】

Category

openclose

Twitter
Sponsored Link
copyright © 2017 BuildForce All Rights Reserved.  Template Design by: DD AKT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。