スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメプロジェクト「Halo Legends」のトレイラーが公開!



スタッフは錚々たる顔ぶれで、「攻殻機動隊」の押井守氏と「APPLESEED」の荒牧伸志氏がクリエイティブディレクターを務め、J-Spec Picturesのジョセフ・チョウ(Joseph Chou)氏がプロデューサーを担当する。

さらには「カウボーイビバップ」や「交響詩篇エウレカセブン」のボンズ、松本人志監督作品「大日本人」の視覚効果を担当したカシオエンターテインメント、「攻殻機動隊」や「イノセンス」のProduction I.G、「アニマトリックス」のSTADIO4℃、そして日本で最も歴史の長いアニメ制作会社である東映アニメーションといった有名どころが制作に名を連ねている。

配給を手掛けるのはワーナーブラザーズで、DVD、Blu-Ray、デジタル配信にて2010年初頭に発売される予定。なお、Xbox LIVEにおいてこの秋から「Halo Waypoint」という新たな情報発信ポータルサイトが開設され、そこでプレビューやポッドキャスト、予告映像などさまざまなコンテンツが掲載される予定だ。




海外作品を日本のアニメクリエイターを起用して制作するという発想は、「アニマトリックス」をすぐに連想しますが、日本のサブカルチャーから多大な影響を受けて作られた「マトリックス」とは違い、HaloシリーズはSF世界観を持つ純なアメリカ生まれのFPSゲームなので、今回のこの組み合わせで一体どういった作品が生み出されるのか非常に興味を抱いております。

特に今回、外資を用いて制作されるProduction I.Gの映像クオリティには期待を寄せています。個人的には押井守のファンでもありますが、しかしながら最新作「スカイクロラ」等、最近の作品の完成度については不満を感じているので、正直なところ、このHalo Legendsに関わることことでどのような結果をもたらすのか、期待と不安が半々といった感じす。

ともあれ重要なのは、作り手側はちゃんとHaloシリーズをプレイしたことがあるのか?ということですね。まぁ現地の343 Industriesがプロジェクトを総括するそうなのでその点については心配ないのかもしれませんが、原作がゲーム作品でアニメ化を行い、酷い結果になってきたものを散々見てきただけに手放しで喜べない自分が居ます。Haloの原作はゲームなわけですから、ゲームの世界観を壊さない範囲で日本流のアニメーションテイストを盛り込んでほしいと願っています。



あ、そういえば映画化の話はどこにいってしまったんでしょうか・・・。


[関連リンク]
■マイクロソフト、アニメ プロジェクト 「Halo Legends」 を発表
関連記事

No title

>Haloの原作はゲームなわけですから、ゲームの世界観を壊さない範囲で日本流のアニメーションテイストを盛り込んでほしいと願っています。

今まてハリウッド映画を変えたのは攻殻機動隊ですと私思う。
(「マトリックス」のことです。)
ですから、今回は多いな大手アニメスタジオを参加すると、きっと良いアニメを産まれる。
でも...予告映像を見たの感想は、ちょっとあれな...ガンダム風に似ような戦う気がする。
(元々Haloはこんなに戦うなですから...。)

本当に「ゲームの世界観を壊さない範囲で」を期待します。


[ 2009/07/25 15:22 ]

No title

>瞬殺滝さん
予告映像を見る限り、ゲーム本編で今まで語られなかったHaloユニバースの
世界観を表現してくれそうなので期待は出来そうですね。
でも個人的にはスターウォーズクローンウォーズのように3DCGアニメのほうが
マッチしていたのではないかという思いもあります。
AppleSeedの荒牧氏が参加してるということでロボット風な戦いにならないか
少々の不安は確かに感じています(汗。
[ 2009/07/25 22:06 ]

コメントの投稿

HeadLine
Twitch Live
Profile
PlayStation 3


[Computer Specs]
OS: Windows 10
CPU: Core i7-4790
RAM: 16GB
GPU: GeForce GTX970
Display: 27" IPS x2
Mouse: Logicool G400
Keyboard: Gaming Keyboard G105
Microphone: SONY ECM-PCV80U
HDMI Capture: MonsterX U3.0R
Access
New Article
Article List
Archive Log

2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 02月 【3件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【3件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【6件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【8件】
2014年 08月 【7件】
2014年 07月 【5件】
2014年 06月 【5件】
2014年 05月 【4件】
2014年 04月 【5件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【7件】
2013年 11月 【6件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【5件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【11件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【6件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【5件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【10件】
2012年 08月 【13件】
2012年 07月 【14件】
2012年 06月 【15件】
2012年 05月 【13件】
2012年 04月 【17件】
2012年 03月 【16件】
2012年 02月 【13件】
2012年 01月 【11件】
2011年 12月 【16件】
2011年 11月 【17件】
2011年 10月 【18件】
2011年 09月 【19件】
2011年 08月 【11件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【15件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【13件】
2011年 02月 【11件】
2011年 01月 【16件】
2010年 12月 【17件】
2010年 11月 【18件】
2010年 10月 【17件】
2010年 09月 【10件】
2010年 08月 【12件】
2010年 07月 【13件】
2010年 06月 【23件】
2010年 05月 【22件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【15件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【20件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【14件】
2009年 10月 【18件】
2009年 09月 【16件】
2009年 08月 【21件】
2009年 07月 【20件】
2009年 06月 【18件】
2009年 05月 【18件】
2009年 04月 【22件】
2009年 03月 【19件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【17件】
2008年 12月 【16件】
2008年 11月 【17件】
2008年 10月 【22件】
2008年 09月 【24件】
2008年 08月 【20件】
2008年 07月 【23件】
2008年 06月 【23件】
2008年 05月 【19件】
2008年 04月 【25件】
2008年 03月 【14件】
2008年 02月 【6件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【6件】
2007年 10月 【9件】
2007年 09月 【6件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【7件】
2007年 03月 【7件】
2007年 02月 【2件】

Category

openclose

Twitter
Sponsored Link
copyright © 2017 BuildForce All Rights Reserved.  Template Design by: DD AKT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。