スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Halo3 Legendary マップパック



4月15日に配信された追加マップ第2弾「レジェンダリー マップパック」を購入して落としてみました。価格は前回同様800MSP。
ちなみに今購入された方全員にBungie PRO4ヶ月分のアカウントがプレゼントされるキャンペーンを行ってるようです。
※Bungie PROとはゲームのプレイムービーや作成マップなどを共有するファイルシェアのスペースを拡張するサービスで、サービス未加入時 6スロット/25MBのスペースが24スロット/250MBになります。でもぶっちゃけマップエディットをしまくる人でもない限り25MBでも十分だったりしますよね・・・。
さて今回のマップパックはリメイク含め3つのマップが含まれています。



まずは完全新作マップであるこの「Ghost Town」。 Halo3には珍しくSFチックなものではなくどちらかというとリアル系戦場FPSのマップであったもおかしくないような造り。
退廃的な雰囲気で障害物が多くて建物などもかなり計算された配置になっています。 屋外なのでHDRによるライティングが非常に美しい。



スナイパールールも想定した構造になっており狙撃ポイントが複数の箇所にあります。 ただしどれもすぐに到達できる場所なので上から狙う時はたえず背後に注意しないといけないでしょう。
建物がいくつか向かい合わせに配置されていますが壁が壊れていたりして中身が丸見えな場所が多いです。 むしろ隠れるなら地上のほうが何かと有利なポイントがあるように思えました。
マップの規模もそれほど大きくないですし、これは人気が出るマップになるんじゃないでしょうか。



次はHalo2時代にあったマップのリメイクである「Blackout」。 リメイクと言っても一から作り直されています。
ちなみに私はHaloに関しては2だけやったことがないんですよね。 シングルのキャンペーンでアービターが大活躍するらしいのでやってみたいのですが(笑。 てなわけでこのマップはHaloファンにとっては有名所のマップらしいです。 元のを知らないのでリメイクの完成度はわかりませんが、初めてプレイしてもすぐに構造を把握できるのでこれも楽しかったです。



一言で言うとSF海上プラントといったところでしょうか。 かなり立体的な構造になっています。
昔やってた「Tactical Ops」と言うFPSでこれに似たマップがあったのを思い出しました。 それと同じくこちらも足場を踏み外し海に落ちると死んじゃいます。 上から落ちても下の階の構造がうまく拾うように作られてるのでそうそう落ちることはありませんが。
見ての通り中央のヘリポートらしき場所は四方上から狙われやすいので単独で出るのは危険。反対側に向かいたい時は下から潜るか左右の連絡通路を使って遠回りで行く方法もあります。



3つめは初代HaloのSidewinderマップを大幅にアレンジしたという「Avalanche」。確かにHalo1を彷彿させる雰囲気。 雪に埋もれた寒風吹きすさぶ古戦場跡といったところ。
今回の3つのマップの中では一番規模が大きいマップです。 一見左右対称かと思ったのですがあとでフォージで確認してみたら非対称な構造になってました。 これはBig Team Battleなどやると盛り上がりそうです。
乗り物の数も多く配置されており敵陣地への移動は乗り物を駆使するのが前程になってる感じでしょうか。 細かいところで感じたことはバンシーやマングースなどの乗り物がこの雪のマップの仕様に合わせて白迷彩になってる点。 良い仕事をしてますね。



インサイドXboxのほうでも開発者インタビューが配信されてるので興味のある方は必見。
まぁ今すぐ「レジェンダリー マップパック」買わなくてもどうせ前回の「ヒロイック マップマック」のように数ヵ月後には無料になるかもしれませんのでそれまで待つのも良いかと思いますが。買っても損するような内容ではないと思いますので待ちきれない人はどうぞ。

私はこれからしばらくHalo3の対戦はDLCルールで遊ぶことになりそうです。


[関連動画]

サムネでつい・・・。
関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


コメントの投稿

HeadLine
Twitch Live
Profile
PlayStation 3


[Computer Specs]
OS: Windows 10
CPU: Core i7-4790
RAM: 16GB
GPU: GeForce GTX970
Display: 27" IPS x2
Mouse: Logicool G400
Keyboard: Gaming Keyboard G105
Microphone: SONY ECM-PCV80U
HDMI Capture: MonsterX U3.0R
Access
New Article
Article List
Archive Log

2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 02月 【3件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【3件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【6件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【8件】
2014年 08月 【7件】
2014年 07月 【5件】
2014年 06月 【5件】
2014年 05月 【4件】
2014年 04月 【5件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【7件】
2013年 11月 【6件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【5件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【11件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【6件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【5件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【10件】
2012年 08月 【13件】
2012年 07月 【14件】
2012年 06月 【15件】
2012年 05月 【13件】
2012年 04月 【17件】
2012年 03月 【16件】
2012年 02月 【13件】
2012年 01月 【11件】
2011年 12月 【16件】
2011年 11月 【17件】
2011年 10月 【18件】
2011年 09月 【19件】
2011年 08月 【11件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【15件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【13件】
2011年 02月 【11件】
2011年 01月 【16件】
2010年 12月 【17件】
2010年 11月 【18件】
2010年 10月 【17件】
2010年 09月 【10件】
2010年 08月 【12件】
2010年 07月 【13件】
2010年 06月 【23件】
2010年 05月 【22件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【15件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【20件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【14件】
2009年 10月 【18件】
2009年 09月 【16件】
2009年 08月 【21件】
2009年 07月 【20件】
2009年 06月 【18件】
2009年 05月 【18件】
2009年 04月 【22件】
2009年 03月 【19件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【17件】
2008年 12月 【16件】
2008年 11月 【17件】
2008年 10月 【22件】
2008年 09月 【24件】
2008年 08月 【20件】
2008年 07月 【23件】
2008年 06月 【23件】
2008年 05月 【19件】
2008年 04月 【25件】
2008年 03月 【14件】
2008年 02月 【6件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【6件】
2007年 10月 【9件】
2007年 09月 【6件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【7件】
2007年 03月 【7件】
2007年 02月 【2件】

Category

openclose

Twitter
Sponsored Link
copyright © 2017 BuildForce All Rights Reserved.  Template Design by: DD AKT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。