スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Halo Wars 戦争記3



『Halo Wars』がいよいよ北米でも発売されたとのことなので、これからオンライン人口が急増するのではないかと予想されます。欧州では先週発売されましたが、イギリスでは早くも”最も売れた家庭用RTS”として記録を塗り替えたそうです。
そもそも何故Halo Warsは日本先行発売だったのか未だに謎なんですが、何かしらマーケティング的な理由でもあったのでしょうか。

さてさて、まったり楽しんできたキャンペーンでしたが、ようやく一段落つきそうなところです。



前回からの続き。ミッション12はコブナントの猛攻撃の中、スピリットオブファイアのパワーコアをサイクロプスを出動させて修復するステージ。ここではじめて航空機のホークを使ってみたのですが、コレめちゃくちゃ強いですね。ホークが鬼強いので大量生産して迎撃していれば何の問題もなくクリアすることが出来ました。
ブラックボックスは船体北側の側面、スカルも北側の屋根に出現するのでホークでサクっと取得。



ミッション13のスカルはサブタスク完了後、スタート地点近くに出るのですがスカル出現地点付近にフラッドの巣があるので単独でいくと危険。まずフラッドの攻撃が届かない所にホーネットを向かわせてから、ある程度の車両ユニットをまとめて移送し、巣を殲滅してからスカルを取りに行きました。
スカルは出現したらミニマップに一定時間表示してくれるので、先に航空機ユニットで付近を偵察しに行ってから取りに行ったほうがいいでしょうね。



コブナント軍が乗り捨てた超強力兵器スカラベを頂戴して進軍。敵本拠地ではスカラベvsスカラベのビーム合戦に。MACブラストを神殿への攻撃に使ってしまいリチャージ中にこういうのに来られると少々焦ります。しかしこれだけの兵力があればラッシュでゴリ押し粉砕可能。ノーマルより上の難易度だと苦戦したかもしれません。



ミッション14はFTLリアクターコアをエレファントでけん引して護衛して進軍。坂道でエレファントが破壊されるとFTLリアクターコアが落ちてしまうので注意しながら固まって移動。途中でコブナントの基地を制圧しながら進むのですが、追加の基地を建造せずにクリアすれば実績も解除可能。バンパイア対策にウルバリンを複数台用意していれば楽かと思います。



そして最後のミッション15。いやぁしかしミッション開始前のムービーがカッコ良すぎて燃えますね。3人のスパルタンがコンビネーションを見せて戦ったり、アービターとフォージ軍曹の決着シーンなどなど、クオリティが高い映像になっており、Haloファンは必見です。
さてここでは順番どおりにポータルを開けていくのですが、ポータルの前にコブナントの神殿やフラッドの巣があったり、スカラベが数台徘徊していたり、センチネルもいたりと4勢力が勢ぞろい。敵の量が結構な数なので中途半端な戦力で目的地に向かうと返り討ちにあって大幅なタイムロスが生じてしまいます。ちなみに私は時間切れで2度失敗してしまいました(苦笑。最後のミッションだけに敏速な行動が求められるステージですね。
ODST隊員の投下が低コストですごく便利なので押されそうになったら迷わずどんどん投下して次のユニットが到着するまで時間稼ぎすると結構楽でした。



エンディングムービーの後、クレジットではこの作品を最後に開発スタジオが閉鎖するEnsemble Studioから最後のメッセージが…。今後Halo WarsのDLCやサポートについてはEnsemble Studioのメンバーが新たに設立したRobot Entertainmentが行っていくということなので心配は無用のようですが、PCゲームのRTS『AoE』などで慣れ親しんだ方々にとっては、このメッセージは感慨深いものがあることでしょう。

さてそんなわけでキャンペーンもとりあえず1周目はこれにて終了。スカルや実績が全然取れてないので2周目も勿論やっていくつもりですが、キャンペーンはちょいと休憩して、そろそろメインのオンライン対戦に挑戦していこうと思います。今週末のHJC対戦交流会イベントのこともありますのでこれから特訓開始です。
関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...


コメントの投稿

HeadLine
Twitch Live
Profile
PlayStation 3


[Computer Specs]
OS: Windows 10
CPU: Core i7-4790
RAM: 16GB
GPU: GeForce GTX970
Display: 27" IPS x2
Mouse: Logicool G400
Keyboard: Gaming Keyboard G105
Microphone: SONY ECM-PCV80U
HDMI Capture: MonsterX U3.0R
Access
New Article
Article List
Archive Log

2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 02月 【3件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【3件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【6件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【8件】
2014年 08月 【7件】
2014年 07月 【5件】
2014年 06月 【5件】
2014年 05月 【4件】
2014年 04月 【5件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【7件】
2013年 11月 【6件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【5件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【11件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【6件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【5件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【10件】
2012年 08月 【13件】
2012年 07月 【14件】
2012年 06月 【15件】
2012年 05月 【13件】
2012年 04月 【17件】
2012年 03月 【16件】
2012年 02月 【13件】
2012年 01月 【11件】
2011年 12月 【16件】
2011年 11月 【17件】
2011年 10月 【18件】
2011年 09月 【19件】
2011年 08月 【11件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【15件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【13件】
2011年 02月 【11件】
2011年 01月 【16件】
2010年 12月 【17件】
2010年 11月 【18件】
2010年 10月 【17件】
2010年 09月 【10件】
2010年 08月 【12件】
2010年 07月 【13件】
2010年 06月 【23件】
2010年 05月 【22件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【15件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【20件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【14件】
2009年 10月 【18件】
2009年 09月 【16件】
2009年 08月 【21件】
2009年 07月 【20件】
2009年 06月 【18件】
2009年 05月 【18件】
2009年 04月 【22件】
2009年 03月 【19件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【17件】
2008年 12月 【16件】
2008年 11月 【17件】
2008年 10月 【22件】
2008年 09月 【24件】
2008年 08月 【20件】
2008年 07月 【23件】
2008年 06月 【23件】
2008年 05月 【19件】
2008年 04月 【25件】
2008年 03月 【14件】
2008年 02月 【6件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【6件】
2007年 10月 【9件】
2007年 09月 【6件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【7件】
2007年 03月 【7件】
2007年 02月 【2件】

Category

openclose

Twitter
Sponsored Link
copyright © 2017 BuildForce All Rights Reserved.  Template Design by: DD AKT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。