スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピニャータ2 ガーデン日記6



前回から引き続き、お庭いじりに時間を費やしてるわけですが、真ん中の島に採掘所を置くと土地の狭さから他に建物が置けないことが判明。これはサイズ的に設計ミスかもしれませんね…。もっと広々としたデザインにするべきでした(汗。というわけでこのガーデンでは特定の目的用途に限定する方針に変更。

続きを読む
スポンサーサイト

ピニャータ2 ガーデン日記5



『あつまれ!ピニャータ2:ガーデンの大ピンチ』の体験版が昨日配信されました。
ソフト発売前に配信してほしかった気もしないでもないですが、早速ダウンロードして遊ばれた方の感想を聞いてみると体験版では「ガーデンで遊ぶ」のみをプレイ可能で一からガーデンを作るのではなく最初からある程度完成されたガーデンが用意されており、その中を機能限定で遊べる仕様となっているそうです。
製品版と違ってチュートリアルが短く、初プレイの人は何をしたらいいのかわからなくない状態でピニャータがテンポ良く登場してくるので結構忙しく感じるかもとのこと。ちなみに日本語吹き替えでなく英語音声による日本語字幕仕様だそうです。興味あられる方は落とされては如何でしょうか。

続きを読む

ピニャータ2 ガーデン日記4



1年に一度あるかないかのXbox Live 24時間長期メンテのおかげでオンラインゲームが出来ないのでインアンの続きやろうと思っていたのですが、やはりガーデンが気になってしまい、いつの間にか気がつくとピニャータ2に没頭してしまいました。この独特の中毒性はヤバイですね。今までわんさか登場するサワーピニャータに手を焼いていたのですが、それは対応するトーテムを買ってないからだということを今頃になって彼女から教わりました(汗。なんてこったい。もっと早く知っていれば・・・。

続きを読む

ピニャータ2 ガーデン日記3



海外のほうでは『あつまれ!ピニャータ』のNintendo DS版が発売されてるんですね。ピニャータを生み出したレア社は現在マイクロソフトゲームスタジオの傘下でもあるわけですが古くは任天堂のセカンドパーティーとして『スーパードンキーコング』や『ゴールデンアイ 007』などのヒット作を生み出したことでも有名。マイクロソフトのファーストパーティーから任天堂プラットフォームで新作を出すというのは珍しく例外的なものにも感じられますが、愛されるキャラクターというのは得てしてそういった垣根すら越えていくものなので、DS版発売はピニャファンとして興味がありますね。そもそも『あつまれ!ピニャータ』の原案を出したのは任天堂の宮本氏であるという話もあるのですが本当なのでしょうか。
さてさて、というわけで今回もピニャータ2 ガーデン日記です。続きからどうぞ。

続きを読む

ピニャータ2 ガーデン日記2



このゲームのためにXbox Live ビジョンカメラを買ってみました(笑。まぁ前からちょっと欲しかった周辺機器ではあったんですけどね。私の持ってるソフトの中では『UNO』ぐらいしか使い道がないから今まで購入に踏み切れなかったんですがこのピニャータ2では色々と活用できるらしいので思わずAmazonでポチってしまいました。
翌日配送されてきたので中を開けてみるとビジョンカメラの他にヘッドセット、UNOの完全版チケット、Liveゴールド1ヶ月チケットといったものが同梱されていて驚きました。ゴールドチケットは来月でちょうど1年分が切れるので有難いんですが・・・UNOはすでに持ってるし、ヘッドセットにいたってはこれで3つ目(笑。ビジョンカメラはWindows PCでも使えるので用途に困ることはないものの、そういった「おまけ」類無しの価格を安くしたモデルも用意してほしいと思ってしましましたね。

続きを読む

ピニャータ2 ガーデン日記1



『あつまれ!ピニャータ2 : ガーデンの大ぴんち』を買ってみました。相方もとい、彼女の影響なんですが前作の体験版をやってるのを横で見てる時からまぁ興味はあったんですよね、ピニャータ。今作はオンラインでの協力プレイも可能になったということなんで私も買ってみたわけです。で、いざプレイしてみるとこれが止まらないやめられない。あっという間に時間が経過してしまう恐ろしいゲームでした。

続きを読む
HeadLine
Twitch Live
Profile
PlayStation 3


[Computer Specs]
OS: Windows 10
CPU: Core i7-4790
RAM: 16GB
GPU: GeForce GTX970
Display: 27" IPS x2
Mouse: Logicool G400
Keyboard: Gaming Keyboard G105
Microphone: SONY ECM-PCV80U
HDMI Capture: MonsterX U3.0R
Access
New Article
Article List
Archive Log

2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 06月 【1件】
2016年 04月 【1件】
2016年 02月 【3件】
2015年 12月 【3件】
2015年 11月 【1件】
2015年 10月 【2件】
2015年 09月 【2件】
2015年 08月 【3件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【6件】
2015年 05月 【3件】
2015年 04月 【5件】
2015年 03月 【7件】
2015年 02月 【6件】
2015年 01月 【6件】
2014年 12月 【6件】
2014年 11月 【4件】
2014年 10月 【5件】
2014年 09月 【8件】
2014年 08月 【7件】
2014年 07月 【5件】
2014年 06月 【5件】
2014年 05月 【4件】
2014年 04月 【5件】
2014年 03月 【5件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【4件】
2013年 12月 【7件】
2013年 11月 【6件】
2013年 10月 【6件】
2013年 09月 【5件】
2013年 08月 【5件】
2013年 07月 【11件】
2013年 06月 【11件】
2013年 05月 【6件】
2013年 04月 【4件】
2013年 03月 【6件】
2013年 02月 【3件】
2013年 01月 【3件】
2012年 12月 【6件】
2012年 11月 【5件】
2012年 10月 【7件】
2012年 09月 【10件】
2012年 08月 【13件】
2012年 07月 【14件】
2012年 06月 【15件】
2012年 05月 【13件】
2012年 04月 【17件】
2012年 03月 【16件】
2012年 02月 【13件】
2012年 01月 【11件】
2011年 12月 【16件】
2011年 11月 【17件】
2011年 10月 【18件】
2011年 09月 【19件】
2011年 08月 【11件】
2011年 07月 【12件】
2011年 06月 【15件】
2011年 05月 【11件】
2011年 04月 【14件】
2011年 03月 【13件】
2011年 02月 【11件】
2011年 01月 【16件】
2010年 12月 【17件】
2010年 11月 【18件】
2010年 10月 【17件】
2010年 09月 【10件】
2010年 08月 【12件】
2010年 07月 【13件】
2010年 06月 【23件】
2010年 05月 【22件】
2010年 04月 【16件】
2010年 03月 【15件】
2010年 02月 【16件】
2010年 01月 【20件】
2009年 12月 【21件】
2009年 11月 【14件】
2009年 10月 【18件】
2009年 09月 【16件】
2009年 08月 【21件】
2009年 07月 【20件】
2009年 06月 【18件】
2009年 05月 【18件】
2009年 04月 【22件】
2009年 03月 【19件】
2009年 02月 【14件】
2009年 01月 【17件】
2008年 12月 【16件】
2008年 11月 【17件】
2008年 10月 【22件】
2008年 09月 【24件】
2008年 08月 【20件】
2008年 07月 【23件】
2008年 06月 【23件】
2008年 05月 【19件】
2008年 04月 【25件】
2008年 03月 【14件】
2008年 02月 【6件】
2008年 01月 【6件】
2007年 12月 【3件】
2007年 11月 【6件】
2007年 10月 【9件】
2007年 09月 【6件】
2007年 05月 【2件】
2007年 04月 【7件】
2007年 03月 【7件】
2007年 02月 【2件】

Category

openclose

Twitter
Sponsored Link
copyright © 2017 BuildForce All Rights Reserved.  Template Design by: DD AKT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。